Life

甘酒生活で体重が減った!『飲む点滴』の効果とは?

最近『飲む点滴』として盛り上がりを見せる甘酒。

そんなたいそうな代名詞がついている甘酒とはどんなものなんだろう…

美容に敏感な周りの女性が密かに飲み続けている甘酒とは??

その効果を感じてみたい!

ってことで、早速飲んでみました!

甘酒ってどんなもの?

『酒』と名前に付くくらいだから…

飲むと酔うのだろうか?

それだけでなかなか手が出にくいイメージがあります。

しかし甘酒には、実は米麹由来のものと酒粕由来のもの、2種類あるのです。

甘酒が苦手だと思っている方は、酒粕由来のものをイメージしてないでしょうか?

米麹粕由来の甘酒は、アルコール成分が含まれている酒粕が原料の甘酒とは別物です。

蒸したお米に米麹菌を加えて発酵させたものなので、アルコール成分は一切含まれません。

もちろん酒粕由来の甘酒も、米麹由来の甘酒も、両方栄養価が高く、美容と健康に良いとされています。

その成分は点滴と同じと言われていることから、『飲む点滴』と言われるようになりました。

 

 

甘酒の成分と効果

栄養満点の甘酒は、人の体にどのような効果をもたらせてくれるのでしょうか?

ブドウ糖

甘酒に含まれるブドウ糖が、砂糖不使用の自然の甘味を引き出します。

ブドウ糖と言えば、脳の唯一のエネルギー源。

不足すると記憶力や集中力が欠け、イライラしやすくなります。

オリゴ糖

オリゴ糖は胃酸や消化酵素で分解されず、さらに人の腸では消化吸収が困難とされている糖の種類です。

そのため腸まで届き、腸内の善玉菌のエサとなって数を増やす作用を持たらします。

善玉菌を増やして腸内環境を整えます。

赤ちゃんの便秘など、薬を使わずに対策したい時にはオリゴ糖が効果的です。

また、ミネラルの吸収を促進する働きもあります。

ビタミンB群

人の生命維持に関わるエネルギー代謝のサポート的役割を果たし、スムーズな代謝を促します。

ビタミンB群が不足するとエネルギーの生産が滞り、疲労を感じやすくなります。

また、タンパク質の代謝も促すことから、免疫力の維持と肌や髪の健康をサポートし、美肌効果をもたらします。

アミノ酸

アミノ酸が結合してタンパク質を構成しています。

酵素によってアミノ酸に分解され、消化吸収されます。

肌や髪、爪、筋肉や臓器など、人の体のあらゆる機能はタンパク質でできていると言っても過言ではありません。

タンパク質が不足すると、肌や髪、爪などの美容トラブルが発生するばかりか、筋力低下や免疫機能低下などの健康にも影響を及ぼします。

酵素

甘酒に含まれる酵素は、タンパク質や脂質、炭水化物に含まれるでんぷんなどの成分を細かく分解する働きがあります。

タンパク質→アミノ酸

でんぷん→ブドウ糖

脂質→脂肪酸    など。

分解することでそれぞれの消化吸収を促す大切な役割を担っています。

甘酒生活で気がついたこと

友人に勧められ、体に良いと聞き、それだけで飲み始めた甘酒。

正直特に目的があったわけでもなく、健康を維持できるなら、、、という感覚で飲んでいました。

しかしそれから2週間後、目に見える体の変化にふと気がつきました。

体重が減った?甘酒のダイエット効果

下っ腹が少し減った…?

腰周りの浮き輪が明らかに小さくなっている…

早速体重計に乗ってみたところ、なんと!!!

1kgも減っている!

生活スタイルを変えたり運動をしたり、という事は一切なく。

いつのも生活に甘酒をプラスしただけだったので、代謝効率が上がったのだろうと思います。

肌にハリと潤い、髪にツヤが出てきた

こちらも気づけば、、、

最近肌の調子が良い。

肌がふっくら、ハリと弾力、すべすべ。

そして、なんといっても顔が明るい。

髪が最近とても艶やかに。

シャンプーを変えて洗髪しても、オイルを足してみても、ガッサガサだった髪の毛が、最近潤ってきました。

手櫛で分かる以前との違い。

これは甘酒効果だと実感しました。

タンパク質不足だった私。

肌や髪のもととなるタンパク質と、その分解をサポートするビタミンB群の効率的な摂取が効果を発揮しているのだと思いました。

甘酒は高カロリー

効率よく摂取し、エネルギー代謝を上げる事で結果的に体重が減りましたが…

実は、甘酒は高カロリーです。

そのためダイエット効果を期待してたくさん摂取してしまうと逆に太ってしまいます。

1日コップ1杯(100ml)程度の摂取が理想です。

甘酒だけでは飲みにくい場合は、水や牛乳(豆乳)で割ったり、ヨーグルトやスムージーなどと一緒に摂るのもオススメです。

飲む時間はいつが最適?

1日に飲む量を超えなければ、基本的にいつ飲んでもOKです。

ダイエット効果を期待するなら、朝が最適

朝に代謝を上げることで、エネルギーの消費が活性化します。

脳にもエネルギー補給されるようになるので、仕事や勉強の効率UPにつながります。

また、たくさん含まれる食物繊維やオリゴ糖によって、朝の腸内活動を活発にします。

間食時の甘酒への置き換えも、効率よく甘味が取れます。

美肌、疲労回復効果を期待するなら夜がオススメ

日中働いている脳細胞が睡眠中に休まることで、疲労回復が促進されます。

夜寝る前にブドウ糖やアミノ酸を摂取することで疲労回復のさらなる効果を期待することができます。

また、ターンオーバーは睡眠中に活性化すると言われていて、美肌効果も促進されます。

まとめ

これだけ栄養満点、良いこと尽くしの甘酒。

気軽に摂取できて体への効果は絶大です。

しかし、だからと言ってたくさん摂取するのはカロリーオーバーを引き起こすのでNGです。

『飲む点滴』の最大効果を得るために、正しい飲み方を心がけて、美しく健康な体を心がけたいものですね!