2020年 8月 の投稿一覧

【レビュー】鉄のフライパンを1年間使い続けました。

今までとは違う何かを取り入れようとするとき、結構腰が重たいもの。

それにお金がかかるとなると、なおさらズドーーーーン、、、、

さらにさらに、選択肢がたくさんあるとなると、どれにしようか迷いに迷って気が付けば月日は流れ…

ということも少なくない。

私が鉄のフライパンを購入して1年ほど使ってみた感想を書いてみようと思います。

フライパンの鉄化計画!

まずはどのフライパンにするか。

鉄のフライパンと言っても、たくさんのメーカーのものがあって、どれもメリットとデメリットがある。

自分の使い方や頻度、収納方法、使いやすさなどを考慮して私に合うフライパンを選びました。

フライパンに科す条件

①使っているテフロンのフライパンを全て乗り換えるため、シリーズで揃える事ができるもの

大小丸型フライパンにエッグパンを全て買い換える事が最終目標だったので、サイズ展開の多いものにしたい。

②レンジフードにフックを使って収納するためシンプルなものにしたい

鉄フライパンの特徴である、洗剤で洗わないことを考慮すると、シンク下やラックなど他のものと接触した状態で一緒に収納することは考えられない。

吊り下げ収納にする事で目立つことを考慮し、圧迫感を出さないようなシンプルなデザインが希望。

③持ち手が熱くならないもの

持ち手まで鉄素材でできているものもあり、布巾などを使わないと持てないものはめんどくさい。

木製は接続部分などから劣化しそう(個人的なイメージです)。

④なるべく軽いものがいい

毎日使うものだから、料理が億劫になるようなものはなるべく避けたい。

⑤できればお手入れが楽なものがいい

初期の手入れや日々の管理がめんどくさいと続かない恐れがある。

⑥値段もそこそこに

数点買い換える予定なので、あまり高いモノはお財布に優しくない。

結局どれにしよう?

鉄のフライパンのオススメなどで調べると、turkやリバーライト、柳宗理などが人気がある様です。

調べてみたところ…

turkは見た目がお洒落だけど重い、持ち手が鉄製、そしてお値段がちょっと可愛くない。

リバーライトは日本製で使い始めの空焼きの必要がなく、初心者でも使いやすい鉄フライパンの王道の様ですが、持ち手が木製なのが気になる(交換が可能な様です)。

柳宗理は、フライパンが独特の形をしていて、専用の蓋もそれに合わせた形になっています。

他の鍋などに蓋を使い回すことに難がありそう。(使い回したい!)

見た目も持ち手部分が個人的に好みではない。

いろいろ悩んで、私は結局Vita Craftのスーパー鉄に決めました。

使い始めの焼き入れや調理後の油引きなどの手入れが不要なことに加えて、なんと言ってもスマートな見た目に一目惚れ!

持ち手も熱くなりにくいステンレス製で、丸みがあって手に馴染みやすそう。

って事で、決定!

【レビュー】Vita Craft スーパー鉄の使い心地

我が家では、最終的には大小のフライパンとエッグパンの3点を買い換えましたが、さすがに一気に買い換えると結構な出費だったので、段階的に1年ほどかかりました。

全てのテフロンフライパンがなくなり、最初のVita Craftのスーパー鉄を購入して1年ほどが経ったので、その使い心地をレビューしたいと思います。

金属製のキッチンツールが使える

テフロンなどのコーティングが一切されていないので、剥げを気にせず金属製のフライ返しやおたまなどを使うことができます。

フライパンもそうですが、フライ返しなどのキッチンツールが熱による影響を受ける事も心配ですよね。

チャーハンを作る時やお肉をひっくり返す時など、金属製のキッチンツールをガシガシ使えてとても便利です!

焦げ付きにくい

購入したての時は少し焦げついたりすることもありましたが、油が馴染んでくると見事なまでにくっつかなくなります。

フライパンの上で食材が浮いている感覚です。

万が一焦げ付いてしまっても、スチールたわしなどでガシガシ洗えます(素材は鉄のみなので剥げるものがない)。

熱いうちに洗うことができる

調理後お皿によそい、すぐに洗って片付けることができます。

鉄は温度変化に強く、テフロンではNGな調理後の熱い状態での水洗い(できれば40度程度のお湯)が可能なのです。

完全に冷えてから洗うことももちろん可能ですが、熱いうちの方が汚れが落ちやすいです。

ちなみに、匂いや色が気になる料理をした時は洗剤を使ってサラッと洗い流していますが、次に使うときに食材が焦げ付くことはありません。

 

食材が美味しく焼ける

鉄は熱伝導率が高く、強火も使えるため短時間で一気に素材の旨味を閉じ込めることができ、美味しく仕上げることができます。

お肉はジューシー、野菜はシャキシャキ、卵はふわふわ。

テフロンでは出せない焼き上がりです。

油ならしが必要ない

鉄フライパンは洗剤NGで、基本水洗いのみ。

それだけでも調理した油分が残るのに!(それが油膜を作るための本来の目的なんだけど)

さらに片付け前に油を引くなんて…!!壁が油まみれに…!Gがコワイ!と思っていましたが…

Vita Craftのスーパー鉄は、その作業が不要。

スッキリ片付けることができます。

初心者でも導入しやすい

購入して使い始める前のめんどくさい焼き入れが必要な鉄フライパンは、ズボラな私にはハードルが高く、説明書を読みながら作業することが億劫で後回しになりがち。

せっかく購入しても、使うことができなかったらもったいない。

でもVita Craftのスーパー鉄は焼き入れが不要なので、届いたらすぐ開封してサラッと使い始めることができました!

軽い軽い軽い!

鉄のフライパンと言えば、重たいイメージ。

それをガッツリ覆します。

よくあるテフロン仕様のフライパンなどとさほど変わらない重さ。

片手でだって持つことが余裕でできちゃいます!

とにかく見た目が美しい

いやもう、、、

なんと言ってもこの見た目のシンプルさ。

並べて吊り下げて保管していてもガチャガチャした圧迫感がないのがとてもイイ!(あくまでも個人的な好みです)

まとめ

各メーカーの鉄フライパンにはそれぞれ特徴があります。

今回はあくまでも私の好みや収納、使い方などを考慮したうえでのVita Craftという選択でしたが、自分の使用する環境や好みに合った鉄フライパンを選ぶことが大切です。

鉄のフライパンを考えている方の一つの選択肢としてご参考になれば幸いです。

ひとつ言えることは、それぞれに多少の特徴があれど、鉄フライパンはVita Craftに限らずオススメです!

鼻の下を伸ばすと臭う!その原因とは?

鼻の下を伸ばしてみて、においを嗅いでみたことはありますか?

なんとも言えないにおいがすると感じる人も、少なくはないのではないでしょうか。

なんだか…臭いような、でも意外とクセになる、、、と感じる人もいるようです。

このにおいは一体なんだろう…?

周りの人に臭いと思われてないだろうか?

何が原因で、どうやってにおいを解消すれば良いのだろう?

きっと悩む人もいることでしょう。

こういう事って、結構他の人に聞けなかったりしますよね。

その原因と解決策をご紹介したいと思います。

鼻の下を伸ばした時ににおう

このなんとも言えないにおいは、鼻の下を伸ばした時特に感じます。

もし、鼻の下を伸ばしていなくても臭いと感じる場合は蓄膿症などの可能性もありますが、鼻の下を伸ばした時のにおいは、通常の表情をしている時にはあまり感じないのも特徴です。

うーーーーん、と考え事をしたり、唇を噛み締めて踏ん張ってみた時など、ふとした瞬間ににおい、それに初めて気づくのです。

このにおいは一体…?

どうして通常ではにおわないのに、鼻の下を伸ばすとにおうのだろう?

これは周囲の人も感じているのだろうか?

私は臭いと思われてないだろうか?

気になって仕方ありませんでした。

この独特の匂い…

実は、鼻の周辺や鼻腔内の毛穴の汚れや酸化した皮脂がにおいの一因だと言われています。

鼻の下を伸ばした時だけにおうのは、伸ばしたことで皮膚とともに毛穴が伸びて広がり、今まで毛穴に閉じ込められていたにおいを感じるようになるためです。

実際に、寝起きのベタベタな時の顔のにおいや、角栓などのにおいを嗅いでみると同じにおいがしませんか…?

対処方法

肌表面の汚れや皮脂は、洗顔が効果的です。

洗顔後はにおいもなく、すっきりとしている事でしょう。

鼻の中のにおい対策には、鼻うがいが効果的です。

洗顔で顔表面のにおいが取れるのであれば、一緒に鼻の中まで洗えば良いのでは?と思う方もいるかもしれません。

しかし洗顔料では、粘膜部分である鼻の中を洗うには刺激が強すぎます。

また、泡をしっかり洗い流す事に苦労します。

そこでオススメなのが、鼻うがいなのです。

鼻うがいとは?

テレビなどでよく見る…

鼻から水を入れて口から出す、アレです。

あぁaあAぁぁ゛ーーーー!と芸人さんが叫び、目をうるませながら、罰ゲームさながらに鼻うがいなるものをやっているのをよく見かけますが…

アレは大袈裟で、実際はほとんど痛くもなんともありません。

というのも、正しい鼻うがいでは、生理食塩水(食塩水)を使うので痛くはないのです。

食塩水の方が痛そう…と思うかもしれませんが、人間の体はもともと塩分濃度が0.9%程度といわれていて、同じ濃度の生理食塩水を使えば濃度差が少なく、痛みは感じないものなのです。

むしろ真水の方が濃度差があるため、ツーーーンとします。

生理食塩水で鼻の奥まで洗浄する事で、毛穴や鼻腔内の汚れを取り除くことができます。

この鼻うがい、生理食塩水が手に入らなければ、家庭にある食塩で自作することも可能です。

Let’s try!

生理食塩水がなければ作ってしまおう!

その作り方と実際の鼻うがいの方法をご紹介します。

食塩水の作り方

体温と同じくらいの37度程度のぬるま湯1lに対して9gの食塩を混ぜてしっかり溶かします。

お風呂に入る時に、ちょうど良いと感じる温度でOKです。

※食塩水は、雑菌繁殖などを防止するために、使う度に作り、使い切りましょう。

鼻うがいのやり方

①片方の鼻の穴を押さえ、反対側の鼻から食塩水を吸い込み、鼻または口から出します。

②これを左右3、4回ほど繰り返します。

③最後は鼻がスッキリする程度に軽くかみます。

ストローやドレッシングボトル、ペットボトルなどを使って鼻から水を吸い上げる方法などがありますが、薬局など市販で販売している専用のキットを使うと、びっくりするほどもの凄くやりやすいです。

その他の効果

鼻うがいは、鼻の中だけでなく、鼻の奥(鼻と喉の間の上咽頭と呼ばれる部分)まで洗浄できます。

風邪をひいたら塩水でうがいするといい、と昔から言われているように、食塩水には殺菌効果が期待できます。

食塩水で洗い流す事で、鼻腔内や毛穴の汚れの洗浄のほか、鼻水やウイルス、花粉などの除去にも効果があります。

臭いや鼻詰まり、鼻風邪、蓄膿症、アレルギー、花粉症など鼻トラブルの緩和に役立つと考えられます。

内側からにおい対策を

洗顔や鼻うがいで外側から対策する一方で、毎日鼻うがいをしなければならないのか…?

洗顔同様、毎日気軽にできればいいですが、そもそもにおいが発生しなくなる方法はないのでしょうか。

においは、鼻の周辺や鼻腔内の毛穴の汚れや酸化した皮脂が原因です。

要するに、体臭の一部なのです。

体臭は、食生活の見直しでも改善の期待ができます。

毛穴のにおいの一因となっている皮脂の酸化には、抗酸化作用のある食品の摂取をオススメします。

緑黄色野菜や緑茶などに多く含まれるビタミンやポリフェノールには強い抗酸化作用があり、酸化臭を防ぎます。

また、体内を弱アルカリ性に保つことも重要です。

体内で生成された乳酸が汗とともに吹き出すと、皮脂常在菌に分解されてにおい成分が発生します。

乳酸は疲労時に増えるため、疲労回復に効くとされている梅干しやお酢などのアルカリ性食品は、体内で生成される乳酸の抑制に効果的です。

まとめ

鼻の下を伸ばすと臭うにおいは、毛穴に残る皮脂が酸化したにおいです。

洗顔や鼻うがいがにおい対策には効果的です。

また、抗酸化作用のある食材や乳酸の生成を抑える働きのあるアルカリ性食品を摂り、食生活を見直すことで体内からできるにおい対策も重要です。

気になり出したら体の中と外から対策してスッキリしましょう!

簡単レシピ!手作り歯磨き粉を使おう!

毎日使う歯磨き粉。

「歯磨き粉って、実は体に悪いものばかりなんだって。」

よく聞くその話題。

子どもの時から使っている歯磨き粉。

手軽に買えて使えて安くてとっても便利。

本当は体にいいものを使いたいと思いつつも、便利すぎてなかなか腰が上がらなかったのですが。。。

この度使用していた歯磨き粉が無事買い替えの時期を迎えたので、重い腰をあげてみました!

歯磨き粉の成分ってなんだろう?

市販の歯磨き粉には界面活性剤や添加物がモリモリと含まれています。

成分表を見てみても、なんのこっちゃ?な表記がズラリと並んでいますが…

それが引っ掛けだと思うのです。

よく分からない成分の安全性をいちいち調べて購入することなんてなかなかないですからね…

歯磨き粉の成分で特に危険だと言われて有名なトップ3が、発泡剤のラウリル硫酸Na、人工甘味料のサッカリンNa、薬用成分としてのフッ化Na(フッ素)。

ラウリル硫酸Naは、清掃用洗剤によく使われる界面活性剤で、皮膚への強い刺激が指摘されており、使用が制限されている国もあります。

サッカリンNaは過去に発がん性が指摘された経歴があり(現在は安全性に問題がないとされている)、安全性維持のため食品への使用が制限されています。

虫歯予防と謳われているフッ化Na(フッ素)は、実は殺鼠剤の主原料として用いられる成分ですが、微量では大きな害はないとされており、使用されています。

お手持ちの歯磨き粉の裏に、これらの成分が記載されていませんか?

恐ろしいことに、子供用歯磨き粉にも、これらの成分は含まれているのです。

口腔内は粘膜部分が多く、そこからの吸収が早いと言われています。

成分の効果を理解し、なるべく安全なものを口にしたいものですね。

歯磨き粉を作ってみる

プラスチックフリー生活を心がけたり、普段から体に良いものをと意識の高い方たちの間ではよく知られている手作り歯磨き粉。

自分で材料を選んで調合するから、余計なものを入れない安心感。

早速作ってみました。

☆材料☆

ホワイトカオリン…大さじ2

重曹(食品グレード)…小さじ1/2

水…小さじ1

グリセリン…小さじ1

※お好みで香りが欲しい方は精油を数滴加えます

作り方

ホワイトカオリンに水とグリセリンを混ぜるだけ。

ペースト状になるまで混ぜます。

好みの硬さになるように、水で調整します。

※材料の水小さじ1はあくまでも目安です。

 

以上。

簡単ですねー!

歯磨き粉の作り方いろいろ

今回はホワイトカオリン・グリセリン・重曹を使用しましたが、グリセリンの代わりにココナッツオイルを使用したり、ホワイトカオリンに竹炭などを追加したりと、調合方法は様々です。

使う環境や好みで材料を変えて調合してみると飽きずに使い続けることができると思います。

自分に合った材料で、好みの分量で配合しましょう。

素材の種類と効果

・ホワイトカオリン

ミネラル成分を多く含んだ粘土質の天然鉱物のことで、クレイとも呼ばれます。刺激が少なく、抗菌・殺菌効果や汚れの吸着作用、デトックス効果や消臭作用に優れています。

・重曹

若干の塩味と高い研磨効果があります。歯をつるつるにし、白くする効果がありますが、毎日の使用や多量の使用は削りすぎる可能性があるので、調整しながら使用しましょう。

・グリセリン

植物性のグリセリンを使いましょう。主に潤滑剤や甘味成分として機能します。

・ココナッツオイル

甘い香りと油分で、精油の香りとグリセリンの潤滑剤の代わりになります。抗菌効果がありますが、気温が低くなると油分が凝固する欠点もあります。

・精油

香りと抗菌効果を追加します。ペパーミントやティーツリーなど。

・竹炭

竹炭には消臭効果と吸着効果があると言われています。口臭予防とホワイトニング効果が期待できます。

保管期間

水やグリセリンなど、水分を含んでいる場合、保存料などを使用していない分劣化も早くなります。

調合する際には少量ずつ、1週間程度で消費できる量を作りましょう。

そんなに頻繁に作ってられないよ!という方は、水やグリセリンなどの水分を調合せず、ホワイトカオリンや重曹、竹炭などの粉末飲みで調合して保管すると、保存期間が長持ちします。

口腔内の水分だけでも、意外と磨けるんですよ!

手作りした歯磨き粉ってどんな味…?

実際の所、どんな味がするんだろう。

せっかく材料を買って、一所懸命作って、変な味だったら…?

初めてチャレンジする時は、材料や費やした時間と労力が無駄になってしまうのではないかと心配する気持ちもありますよね。

さてさて、実際のところの使用感はというと…

クレイ。

まぁ、、、若干土っぽい風味がします。

今回は香りをプラスしなかったので、クレイベースの香りを少し感じました。

しかし発泡剤を含まないためアワアワせず口の中で膨れないので、歯磨き粉が舌に付かないように使用するとさほど気になりません。

最初は使い慣れずに感じた香りも主張が強くないので、数回使用するうちに気にならなくなります。

どうしても気になるようであれば、グリセリンを増やしてみたり、ココナッツオイルや精油などを使用して香りを付けてみるといいでしょう。

【レビュー】手作り歯磨き粉の使用感

重曹を含んでいるため、仕上がりがつるつるになります。

歯の黄ばみも薄くなってきました。

洗い上がりに歯磨き粉成分が残る事がなく、すっきりとした仕上がりです。

しかし洗いすぎたり、歯ブラシの力加減が強い場合は、歯が敏感になるように思います。

使い始めは出血がある事もありました。

発泡剤を含まないのでダイレクトに歯に影響することを考慮し、歯ブラシの圧力や重曹の量を調整した方が良さそうです。

しかし一番驚いたのが、ずっと唇の皮剥けで悩んでいたのが解決したことです。

保湿をしても常時皮が剥ける状態で、なぜ剥けるのか全く分からなかったのですが、、、

市販の歯磨き粉の成分に反応していたのだと思います。

手作り歯磨き粉を使用し始めてから、全く剥けなくなりました。

手作りする理由

好みの素材を選ぶ事ができる。

口にするものだから、体に悪いものは使いたくない。

自分で調合する事で、素材の安全性を可視化できる。

安心して歯を磨くことができる。

また、廃棄するプラスチックを削減することで環境への配慮も意識できる。

自分自身の体のため、家族の健康のため、環境のため。

手作り歯磨き粉にはたくさんの思いが込もっています。

炭を入れて作るレシピ

上記のレシピの他に、炭を入れたレシピでも作ってみました。

☆材料☆

ホワイトカオリン…大さじ2

ナスの黒焼き…小さじ1/2

水…小さじ1

グリセリン…小さじ1

重曹の代わりに炭を使いました。

竹炭を使用するレシピが多いですが、今回はナスの黒焼きを使用しました。

塩分が含まれているので使用量は調整してください。

ナスの黒焼きとは

ナスのヘタを塩漬けにして黒焼き(炭)にしたもので、古くから歯磨きに使われています。

歯痛や歯茎の炎症、出血などのお手当てとして親しまれてきたものです。

【レビュー】炭を使った手作り歯磨き粉の使用感

重曹を使用した時は、少し知覚過敏が気になりましたが、炭では気にならなくなりました。

重曹は研磨効果がありますが、炭には吸着効果があります。

どちらも着色汚れをきれいにする効果がありますが、炭の方が削りすぎを心配せずに使えます。

口腔内のスッキリ感や歯のツルツル感も良好、出血等もなく、力加減の細かい考慮もなく気軽に使えました。

市販の歯磨き粉を使うより磨けている感じがあります。

また、個人的にはナスの黒焼きの塩加減がちょうど良く、重曹レシピより好みです。

ホワイトカオリンのクレイ感も気になりませんでした。

ナスの黒焼きは、単体でも歯磨き粉として使う事ができるものですが、お歯黒みたいになることと(見た目の問題)、塩加減を考慮してホワイトカオリンで割った、という感じです。

配分はお好みで調整するといいと思います。

まとめ

市販で売られているものに、まさか有害なものが含まれているとは思いもよらない歯磨き粉。

自分で材料を選んで安心なものを口にしたいですよね。

家族や環境に配慮した優しい歯磨き粉を作ってみてはいかがでしょうか。