実はとっても簡単!冷蔵庫の下を掃除する方法

冷蔵庫スペースの隙間、気になりませんか?

ココです!ココ!!!  ↓↓↓

入居して約10年。

だんだんホコリが溜まっていくのは見えていても、隙間が細くて手も入らないし、奥行きが結構あって掃除機のノズルも届かない。

気になりつつも、めんどくさくて、ずーーーっと放置していました。

が!!!

実は冷蔵庫って、、、簡単に動かせるって知っていましたか!?

マジですか!!!

目に見えてコロコロしているホコリには、きっとたくさんのダニやカビ菌などもたくさんいるに違いない。

早速掃除をしてみました!


冷蔵庫スペースを掃除する

①下のカバーを外す

カバーははめ込まれているだけなので、手前に引っ張ると簡単に外れます。

②左右のキャスターを緩める

黒い部分はネジ式になっていて、左に回すと締まり、冷蔵庫が動かない様固定されます。

右に回すとネジが緩み、冷蔵庫を動かすことができる様になります。

 

③冷蔵庫を引き出す

冷蔵庫本体を支えながら手前に引出します。

下の方を支えることで、冷蔵庫を動かしやすくなります。

 

冷蔵庫本体を掃除する

本体はもちろんのこと、通気口もしっかり掃除しましょう。

通気口がホコリで詰まっていると、オーバーヒートや電気代がかさむ原因となってしまいます。

また、配線にもホコリが溜まっているので掃除します。


冷蔵庫上部を掃除する

料理をする時に油が熱せられると、蒸気となって浮遊します。

ガス口と同じキッチン内にある冷蔵庫の上は、そんな油分とホコリででベットベト。

見るからに掃除機で吸い込みたくない感。

かと言って、濡れた布巾で拭く程度では落ちない…

そんな重症な状態な時は、重曹を使いましょう。

①重曹を振りかける

ホコリの上から重曹を全体的に振りかけます。

②濡れた布巾で拭き取る

重曹でホコリや油分を絡め取るイメージで、濡れた布巾を使って拭き取ります。

③ラップや新聞紙で汚れを防止する

ラップや新聞紙を冷蔵庫上部に敷いておけば、大掃除をしなくても定期的に取り換えるだけで済みます。

ラップや新聞紙はマスキングテープや磁石などを使って固定しましょう。

ずれ落ちて配線周りや通気口などを塞いでしまうと、火事や故障の原因となりかねないので注意が必要です。

まとめ

冷蔵庫の中は掃除がしやすく、清潔を維持している方も多いと思います。

しかし冷蔵庫周辺はどうでしょう?

前回の掃除はいつでしたか?

見えていないだけで、結構汚れているかもしれませんよ。

ホコリにはダニやカビ菌などが多く潜んでいます。

ホコリが排気口を塞いだり配線周辺に溜まると、電気代が上がったり火事の原因ともなりかねません。

ギトギト油汚れも、壁やフローリング、冷蔵庫本体の劣化を招きます。

大変そうと思っている方も、掃除の仕方が分からない方も、冷蔵庫周りの掃除は簡単にすぐできます!

重たそうな冷蔵庫も、女性ひとりで動かすことだってできるのです。

重い腰を上げて、パンドラの箱を開けてみてはいかがでしょうか?

気分が晴れること間違いなしです!


コメントを残す

*