効果抜群!クエン酸で洗濯するだけで驚きの消臭効果!

人にも環境にも優しいと人気のあるナチュラルクリーニングで名が知れているクエン酸。

実はそのクエン酸、使い道は掃除だけじゃないんです!

なんと…

洗濯にも使えちゃうんです!

今回はクエン酸を使った洗濯方法をご紹介します。

 


クエン酸ってどんなもの?

梅干しやお酢、柑橘類などの食べ物に含まれている酸味のある成分で、

疲労回復に効果があるとされ、食品添加物としても扱われています。

その成分は無色無臭で、アルカリ汚れを落とす効果や消臭効果、殺菌効果があり、

洗剤の代わりに人にも環境にも優しいナチュラル系洗剤として

クエン酸を幅広く活用する方法が注目されています。

 

なぜ洗濯にクエン酸を使うの?

クエン酸はその名の通り、酸性です。

アルカリ性の汚れを中和して落とすことができます。

それを前提に、クエン酸で洗濯する効果をご紹介します。

消臭効果

市販の洗濯洗剤のほとんどはアルカリ性です。

それは、日常生活で付着する洗濯物の汚れの多くが汗や皮脂汚れといった酸性の汚れであり

アルカリ性の洗剤で中和させて落とすことを目的としているからです。

しかし、アルカリ性の洗剤で洗濯し続けることで

衣類に染み込んだ匂いはどんどん溜まっていきます。

なぜなら…

匂いはアルカリの性質だからです!

その消臭効果は絶大で、驚くほど匂いが解消されます。

殺菌効果

匂いの原因となるカビや雑菌の繁殖を抑える効果があります。

古くから、お弁当に梅干しを入れると傷みにくいと言われているのは

梅干しに含まれるクエン酸の効果によるものです。

洗濯でも、その殺菌効果で匂いの発生を防ぐことができます。

柔軟剤効果

市販の洗濯洗剤には水道水のミネラル分と反応する成分や、

油分に反応する成分などが洗濯洗剤には含まれていますが

それらは溶け残りやすすぎ不十分などが原因で、しっかりすすいでも洗剤カスとして残ってしまいます。

それが衣類のゴワつきの原因となっていると言われています。

そんなアルカリ性の洗剤カスに酸性のクエン酸が中和することでゴワつきの解消に効果を発揮します。

洗濯槽の洗浄効果

洗濯槽の汚れの主な原因は、洗剤カスです。

その洗剤カスが洗濯槽にも少しずつ蓄積されていきます。

そしてその蓄積を温床として放っておくとカビや雑菌が繁殖してしまいます。

しかし、洗剤を使わずクエン酸で洗濯することで、そもそもの洗剤カスが発生することがありません。

また、洗濯洗剤はアルカリ性なので、今までの洗剤カスも少しずつ中和させ

洗濯槽の汚れを徐々に落としてくれます。

 


クエン酸の洗濯活用方法

クエン酸で洗濯すると言っても

洗剤として使う方法と、柔軟剤の代わりとして使う方法があります。

目的に合わせた使用方法をご紹介します。

洗剤として使う

市販の洗濯洗剤の代わりにクエン酸を入れて洗濯するだけです。

10リットルに対して10グラムの割合で入れます。

除菌、消臭、衣類のごわつきが一気に解消されますが

洗濯汚れの大半を占めるアルカリ汚れには効果がありませんので、

匂いやごわつきが気になったときや週に1、2回程度のメンテナンスなどで使用するくらいがお勧めです。

柔軟剤として使う

100ccの水に大さじ1の割合でクエン酸水を作ります。

5kgの洗濯物の量に対し、大さじ3程度のクエン酸水を

普段の洗濯の後の柔軟剤の代わりに投入します。

クエン酸は無色無臭です。香りが欲しいなと思うときは

アロマオイルを数滴、好みに合わせてクエン酸水にブレンドします。

クエン酸水を作り置きする場合は、1週間程度で使い切れる量にしましょう。

洗濯洗剤によってアルカリ性に傾いた洗濯物を酸性のクエン酸で中和することで

残った石鹸カスを落とし、ごわつきを解消してふわふわに仕上げてくれます。

 

気をつけることってあるの?

あります!

クエン酸と洗濯洗剤を一緒に入れてしまえば

酸性とアルカリ性の汚れを同時に落とせるのでは?と思うかもしれませんが…

両方を同時に使用するとお互いが中和しあってしまい、

残念なことに両方の洗浄効果がなくなってしまうのです。

そのため、必ず個別で使用するようにしましょう。

 

まとめ

アルカリ汚れを中和して落とす効果があり

掃除だけでなく、洗濯にも活用できるクエン酸。

洗濯洗剤では落としきれなかった匂いやごわつきを解消し、

衣類をふわふわに再生させることができます。

買い替える前に、まずはお試しください!

きっとその効果を感じることができるでしょう。

 

 


コメントを残す

*