2019年 12月 の投稿一覧

【レビュー】本気でオススメしたいクエン酸の洗濯活用術

梅雨時期に連日部屋干ししていると、洗濯物から異臭が…

それを使い続けていると、匂いが染み付いてしまってさぁ大変!

着ていて匂いがするたびに気分が悪くなる始末…

何度洗濯しても、ハイターなどでつけ置きしても、何をやっても匂いは取れず

制服などは簡単に買い換えられなくて困り果てること数ヶ月。

藁にもすがる思いでクエン酸で洗濯してみたところ、

すっきり消臭されていて驚いたことを覚えています。

クエン酸…すごいっっ!!

今回は、洗剤や柔軟剤を使用せずクエン酸のみで洗濯した感想をもとに書いていきます。

使用感など、参考になればと思います。

クエン酸を準備する

洗濯洗剤は使わずに、クエン酸を洗剤の代わりに投入します。

クエン酸は、量販店やドラッグストアなどで手頃な価格で手に入れることができますが

食用と掃除用があり、純度の高さや不純物などの量の違いで分けられています。

洗濯で使う場合は、基本的にはどちらでも構いません。

水10リットルに対してクエン酸10グラムの割合で洗濯機に入れて回します。

柔軟剤も使いません。

我が家は45リットルで回すことが多いんだけど…
45グラムのクエン酸って結構な量だなぁ。。。

クエン酸での洗濯についてはこちらで詳しくまとめています。

実際洗濯してみたその効果は?

消臭効果

一度洗濯してみただけですぐ分かるほどの消臭効果。

時々フワッと少し香る程度には残っていましたが

その後2、3回クエン酸で洗濯したら完全に匂いがなくなりました!

効果抜群。

染み付いた部屋干し臭で悩んでいた数ヶ月がウソのようでした!

衣類のゴワつき

タオル類がゴワつき始めたな、そろそろ買い換えの時期かな?と思っていましたが

なかなかタイミングがなく、ゴワついたまま使い続けていました。

それよりも衣類の匂いが気になりすぎてクエン酸を使って洗濯すること数回…

まず、タオルを干す時の触り心地でおや?と気づきました。

タオルが柔らかくなっている…?

半信半疑でしたが、乾いたタオルを触って確信しました。

柔らかくなっている!

新品同様とまでは言いませんが、ゴワつき感は解消されて柔らかくなりました。

肌に触れても荒々しさがなくなり、使い心地は良好に。

捨てようかと思っていたタオル類の見事な復活劇でした。

殺菌効果

クエン酸にはカビや雑菌の繁殖を抑える殺菌効果があると言われています。

洗濯物から匂いが消えたことと、それ以来匂いの発生を感じなくなったことで

匂いの元となる雑菌も繁殖が抑えられているのだろうと思います。

洗濯槽を汚さない

洗濯洗剤や柔軟剤を使わないので、洗濯槽の汚れの大きな原因である洗剤カスがそもそも発生しません。

簡単に洗濯槽の裏側を見ることができないので目に見えた実感はあまり感じられませんが

定期的な洗濯槽の掃除の時や、洗い立ての洗濯物に時々ついていたわかめのような汚れが付かなくなっってきたことで

洗濯槽もきれいになってきたんだなぁと感じています。

安心安全なモチベーション

クエン酸といえば、梅干しやレモンなどの食べ物に含まれる酸味のある成分で

食品添加物としても使用されている事は有名です。

洗濯洗剤のように界面活性剤などの成分を含まず、ナチュラル系洗剤としてクエン酸を使用することで

人にも環境にも優しく、安心安全なモチベーションを得ることができます。

クエン酸での洗濯効果は、総合的に優秀だと感じています!

クエン酸で洗濯する頻度

匂いが気になって仕方がなかった時は1日1回、1週間ほど毎日クエン酸で洗濯していました。

おかげで匂いは全く気にならなくなり、タオル類のゴワつきも解消されその効果に満足していました。

しかし、10リットル10グラムの割合で投入するので結構な量のクエン酸を消費します。

安価で手に入るとはいえ、消費量が多ければなかなかお財布に優しくない、、、

また、洗濯物の汚れのほとんどは、汗や皮脂汚れなどの酸性の汚れです。

酸性の汚れに、酸性のクエン酸は効果を発揮しません。

ということで、匂いやゴワつきが解消された今は、洗濯洗剤での洗濯を基本に

2、3回に1回程度の頻度でクエン酸でメンテナンス洗濯をするようにしています。

柔軟剤としても使えるクエン酸

洗濯洗剤での洗濯を基本とした洗濯では、洗剤カスが気になります。

衣類のゴワつきを解消する効果のあるクエン酸は柔軟剤の代わりとしても使用できるので

洗濯洗剤での洗濯時には、クエン酸を柔軟剤の代わりに使っています。

100ccの水に大さじ1の割合で混ぜ合わせたクエン酸水を作り、

洗濯物7㎏の洗濯物に対して大さじ3ほどのクエン酸水を入れています。

きっちりこの分量を入れなければならない、というわけではなく

あくまでも目安なので、好みに合わせて調整するといいと思います。

衣類の柔らかさが持続されているので、普段の洗濯ではこれだけでも十分効果を感じることができています。

柔軟剤投入口って、ずっと使っていると柔軟剤が固まって掃除が大変なんだけど、クエン酸はそんな事にもならなくて衛生的!

まとめ

クエン酸には消臭・殺菌効果があり、アルカリ性の汚れを落とす効果があります。

その効果は抜群で、匂いで悩んでいる人にはクエン酸での洗濯をぜひお勧めします!

ウソの様に消臭効果を実感できます。

そして、気づけばゴワつきも解消されていることでしょう。

人にも環境にも優しい、安心安全なお洗濯を始めてみませんか?

 

 

効果抜群!クエン酸で洗濯するだけで驚きの消臭効果!

人にも環境にも優しいと人気のあるナチュラルクリーニングで名が知れているクエン酸。

実はそのクエン酸、使い道は掃除だけじゃないんです!

なんと…

洗濯にも使えちゃうんです!

今回はクエン酸を使った洗濯方法をご紹介します。

 

クエン酸ってどんなもの?

梅干しやお酢、柑橘類などの食べ物に含まれている酸味のある成分で、

疲労回復に効果があるとされ、食品添加物としても扱われています。

その成分は無色無臭で、アルカリ汚れを落とす効果や消臭効果、殺菌効果があり、

洗剤の代わりに人にも環境にも優しいナチュラル系洗剤として

クエン酸を幅広く活用する方法が注目されています。

 

なぜ洗濯にクエン酸を使うの?

クエン酸はその名の通り、酸性です。

アルカリ性の汚れを中和して落とすことができます。

それを前提に、クエン酸で洗濯する効果をご紹介します。

消臭効果

市販の洗濯洗剤のほとんどはアルカリ性です。

それは、日常生活で付着する洗濯物の汚れの多くが汗や皮脂汚れといった酸性の汚れであり

アルカリ性の洗剤で中和させて落とすことを目的としているからです。

しかし、アルカリ性の洗剤で洗濯し続けることで

衣類に染み込んだ匂いはどんどん溜まっていきます。

なぜなら…

匂いはアルカリの性質だからです!

その消臭効果は絶大で、驚くほど匂いが解消されます。

殺菌効果

匂いの原因となるカビや雑菌の繁殖を抑える効果があります。

古くから、お弁当に梅干しを入れると傷みにくいと言われているのは

梅干しに含まれるクエン酸の効果によるものです。

洗濯でも、その殺菌効果で匂いの発生を防ぐことができます。

柔軟剤効果

市販の洗濯洗剤には水道水のミネラル分と反応する成分や、

油分に反応する成分などが洗濯洗剤には含まれていますが

それらは溶け残りやすすぎ不十分などが原因で、しっかりすすいでも洗剤カスとして残ってしまいます。

それが衣類のゴワつきの原因となっていると言われています。

そんなアルカリ性の洗剤カスに酸性のクエン酸が中和することでゴワつきの解消に効果を発揮します。

洗濯槽の洗浄効果

洗濯槽の汚れの主な原因は、洗剤カスです。

その洗剤カスが洗濯槽にも少しずつ蓄積されていきます。

そしてその蓄積を温床として放っておくとカビや雑菌が繁殖してしまいます。

しかし、洗剤を使わずクエン酸で洗濯することで、そもそもの洗剤カスが発生することがありません。

また、洗濯洗剤はアルカリ性なので、今までの洗剤カスも少しずつ中和させ

洗濯槽の汚れを徐々に落としてくれます。

 

クエン酸の洗濯活用方法

クエン酸で洗濯すると言っても

洗剤として使う方法と、柔軟剤の代わりとして使う方法があります。

目的に合わせた使用方法をご紹介します。

洗剤として使う

市販の洗濯洗剤の代わりにクエン酸を入れて洗濯するだけです。

10リットルに対して10グラムの割合で入れます。

除菌、消臭、衣類のごわつきが一気に解消されますが

洗濯汚れの大半を占めるアルカリ汚れには効果がありませんので、

匂いやごわつきが気になったときや週に1、2回程度のメンテナンスなどで使用するくらいがお勧めです。

柔軟剤として使う

100ccの水に大さじ1の割合でクエン酸水を作ります。

5kgの洗濯物の量に対し、大さじ3程度のクエン酸水を

普段の洗濯の後の柔軟剤の代わりに投入します。

クエン酸は無色無臭です。香りが欲しいなと思うときは

アロマオイルを数滴、好みに合わせてクエン酸水にブレンドします。

クエン酸水を作り置きする場合は、1週間程度で使い切れる量にしましょう。

洗濯洗剤によってアルカリ性に傾いた洗濯物を酸性のクエン酸で中和することで

残った石鹸カスを落とし、ごわつきを解消してふわふわに仕上げてくれます。

 

気をつけることってあるの?

あります!

クエン酸と洗濯洗剤を一緒に入れてしまえば

酸性とアルカリ性の汚れを同時に落とせるのでは?と思うかもしれませんが…

両方を同時に使用するとお互いが中和しあってしまい、

残念なことに両方の洗浄効果がなくなってしまうのです。

そのため、必ず個別で使用するようにしましょう。

 

まとめ

アルカリ汚れを中和して落とす効果があり

掃除だけでなく、洗濯にも活用できるクエン酸。

洗濯洗剤では落としきれなかった匂いやごわつきを解消し、

衣類をふわふわに再生させることができます。

買い替える前に、まずはお試しください!

きっとその効果を感じることができるでしょう。

 

 

クエン酸で大掃除!見落としがちなシャワーヘッドの簡単お手入れ方法

師走に入り、いよいよ今年もあとわずか。

そろそろ掃除を始めよう…と腰を上げ始める方も多いのではないでしょうか?

普段は手をかけないような場所も、しっかり掃除したいですよね。

ところで、お風呂場やキッチン、手洗い場にも備え付けられているシャワーヘッドって覗いてみたことありますか?

石のように固く、白い塊や黒いカビが付いていたりしませんか?

毎日使う場所だからこそ、実はこんな所にも汚れは溜まるものなのです。

こんな所も汚れるなんて知らなかったそこのあなた!

長年使い続けた汚れが積もり積もっているかもしれませんよ。

この機会にしっかり洗ってキレイにスッキリしてしまいましょう!

 

シャワーヘッドの汚れってどんなもの?

シャワーヘッドの汚れのほとんどは水垢です。

水道水の水分が蒸発したあと、それに含まれるカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分だけが残って固まったものです。

シャワーヘッドや水まわりで見かける白くて固い汚れのことで、

洗剤やスポンジでこすってもなかなか落ちません。

しかし固くて頑固な水垢にも弱点があるのです。

水垢の成分はアルカリの性質。

酸性のもので酸化させ、中和することで効果的に落とすことができるようになるのです!

その酸性の物とは…??

クエン酸ってどんなもの?

水垢を落とすには、人にも環境にも優しいナチュラル系洗剤としても名が知られている

酸性のクエン酸を使います。

クエン酸とは、梅干しやお酢、柑橘類などの食べ物に含まれている酸味のある成分です。

疲労回復に効果があるとされ、食品添加物としても販売されていますが

その成分は無色無臭で、アルカリ汚れを落とす効果や消臭効果があり

洗剤の代わりにクエン酸を活用する方法として注目されています。

 

掃除の方法

水200mlとクエン酸小さじ1を混ぜ、クエン酸水を作ります。

汚れによってクエン酸は多少加減します。

このクエン酸水を使って落とすのですが、

つけ置き洗いとパックの2通りの使い方があります。

 

クエン酸水でつけ置き洗い

クエン酸水に1時間ほど、汚れの度合いを見てつけ置きします。

歯ブラシでこすります。

シャワーヘッドから水を出し、全体をしっかり洗い流します。

 

クエン酸水でパック

ティッシュでシャワーヘッドを覆い、ひたひたになるくらいクエン酸水をかけます。

乾燥しないように、その上からラップをして輪ゴムで留めると効果的です。

1時間ほど置きます。

歯ブラシや爪楊枝などでこすります。

シャワーヘッドから水を出し、全体をしっかり洗い流します。

水を溜めずにできる方法なので、鏡や壁面にも応用できます。

 

クエン酸の取り扱いで注意すること

前述したように、クエン酸は酸性。

アルカリ性の汚れを落とすのに効果的ですが、

汚れがしつこくても、放置時間を長く置けば置くほど良いわけではありません。

汚れ以外の部分(素材)が酸化してしまったり、傷んでしまったりする恐れがあります。

強酸性ではないためすぐに傷んでしまうわけではありませんが、

1時間から数時間程度を目安に、様子を見ながらつけ置くことをお勧めします。

また、クエン酸水の濃度も濃すぎると

それだけ酸化する力が強くなるので、素材を傷めやすくなる原因となります。

鉄素材などは錆びやすく、セメントや大理石などは溶かしてしまいます。

酸に弱い素材には使用しないようにしましょう。

そして、お肌もまた弱アルカリ性のため、長時間触れていたり、濃い濃度のクエン酸に触れると

肌あれの原因ともなりかねません。

手袋等を用意すると良いでしょう。

最も気をつけることは、塩素系の洗剤と一緒に使ってはいないこと。

塩素系洗剤とクエン酸が混ざってしまうと刺激臭のある塩素ガスが発生します。

それを吸い込むと呼吸困難やめまい、吐き気等の症状があらわれ、

さらに大量に吸い込むとで塩素中毒を引き起こし、死に至らせる可能性もあります。

必ず個別で使用するようにしましょう。

 

クエン酸の代用にはお酢

クエン酸は100均や量販店などで手軽に入手できますが

冷蔵庫にあるお酢を使って代用することも可能です。

穀物酢などの砂糖を含んでいないお酢を選んで使用しましょう。

水5:お酢1の割合で混ぜて使います。

お酢はクエン酸と違って特有の匂いがするため、換気をしながら使用することをお勧めします。

 

 

クエン酸で効果のある汚れ

お風呂場の蛇口や鏡のウロコ状の水垢

蛇口や鏡についている白く曇ったウロコ状の汚れも水垢です。

クエン酸パックがお勧めです。

キッチン家電や水まわりの水垢

シンクまわりや電気ポット、食洗機やコーヒーメーカーなどの水垢やカルキ汚れにも

食品添加物としても使用されているクエン酸だからこそ安心して使用することができますね。

トイレの黄ばみや匂い

トイレの汚れや匂いの原因となる尿石は、尿に含まれるカルシウムが固まってできたものです。

石のように硬く、簡単には落とすことができない尿石もアルカリの性質なので

クエン酸パックで中和させると落ちるようになります。

また、尿石にはアンモニアも含まれており、特有の匂いを出している原因にもなっていますが

消臭作用のあるクエン酸を使用することで消臭効果も期待できます。

 

まとめ

頑固な水垢は酸性のクエン酸を使うことで効率よく落とすことができます。

見落としがちなシャワーヘッドも、定期的に掃除することで気分も快適になること間違いありません!

お風呂場やキッチン、トイレまで幅広く掃除に使えるクエン酸。

性質や注意点を考慮してぜひ活用してくださいね。